ブロックチェーンとAIを
本当に実装したいなら
beepnow SYSTEMS

BEEPNOW SYSTEMSの仕事とは


あなたの会社にブロックチェーンとAIを導入することです

私たちはブロックチェーンを活用したスキルシェアアプリケーション「beepnow」を開発いたしました。
その開発の道のりは簡単ではなく、数々の試行錯誤を繰り返し、試練を乗り越え製品化をいたしました。
私たちは、これまで培った知識や経験、設計思想を用いて、貴社の課題を解決したいと考えています。

ブロックチェーンとAIは素晴らしい親和性を持っています

私たちがAIに与える「データ」が間違っていたり、改ざんされていたりすると、
AIも間違った判断をします。ブロックチェーンに保存された「データ」は改ざんができません。
そのため、透明性の高い「データ」を与えられたAIの判断は、もっとも信頼性の高い判断と言えます。

私たちができること


アドバイザリー

貴社の打ち合わせに参加ブロックチェーンの活用方法をご提案

導入支援

ビジネスモデルを一緒に設計しマネタイズ方法まで一緒に検討

ビジネスモデルも提案可能

私たちはブロックチェーンを開発しサービスとして立ち上げた実績があります。 その上でブロックチェーンはあくまで技術の一つであることも理解しています。私たちは貴社にとってブロックチェーンを導入することで、どのようなコストの削減効果があるのか、また新しく事業を創出できるのか、その場合どのようなビジネスモデルになるのかまでご提案することが可能です。

大事なのは知識ではなく「経験」

ブロックチェーンの開発は「知っている」だけではできません。エンジニアが本を読んで、ネットで調べて開発できるようなものではありません。そこには「経験」が必要です。 これら以外にもたくさんの要素を決め、開発をしなければ遠回りになり莫大な費用がかかります。ブロックチェーン開発のために5億円で開発会社を買収し何もできなかったという事例さえあります。

開発

beepnowブロックチェーンを使い貴社向けの製品を開発

OEM提供

beepnowアプリとブロックチェーンをホワイトレーベルで提供

6つのアセット


beepnow Inc. が保有する6つのアセットを法人向けに必要に応じてカスタマイズするOEMサービスです。
お客様の事業にあわせたアセットを選び導入します。これによりフルスクラッチから構築するより、
時間と費用が節約が可能です。どのアセットを活用するべきかの導入コンサルティングもあわせて行います。気軽にご相談ください。

構築事例


必要に応じてカスタマイズしてOEM提供

建設業

Q 企業様の課題
一つのプロジェクトに対し、多くのスタッフが携わっているが、人材管理が追いついていない。
A 私たちのご提案
ブロックチェーンを用いた管理システムを作り、適材適所に人材配置ができる体制を整える。

小売業

Q 企業様の課題
シフト管理が大変で、経営に集中が出来ない。また慢性的に人手不足である。
A 私たちのご提案
シフト管理をAIに任せる。また、店舗間で人材を共有できる体制を整え、人手不足も解消する。

とりあえず問い合わせてみる

クラウドサービス


パッケージ商品をご紹介します

beep人事

beepシフト

beepスキャン

マネージメントチーム


私たちがあなたの会社をサポートいたします

鈴木啓太 / 代表取締役社長

2003年 -Christ Church Grammar School 卒業
2008年 -明治大学政治経済学部経済学科 卒業
2008年 -住友理工株式会社入社
2014年 -住友理工株式会社 香港事業所 駐在
2018年 -beepnow Systems株式会社 代表取締役 就任

オーストラリアの現地校Christ Church Grammar Schools卒。 アジアパシフィックエリアでの広い交友関係を構築。同校を卒業後、明治大学政治経済学部経済科へ入学。 数々の起業家を輩出した安藏ゼミナールにて統計学を専攻。 明治大学卒業後、住友理工株式会社(旧東海ゴム工業株式会社)へ入社。法人向け営業を6年間担当した後、同社の商社機能を持つ香港事業所に駐在する。マネージャーとして日本、中国(香港、上海、深圳、東莞、広州)、タイ、ベトナムなどのアジア圏における国際貿易を担当。 4年の駐在期間中に、業務改善の観点から人工知能や、ブロックチェーンの有用性を感じてきた。

beepnow Inc,.の創業者であるAlex Tsaiとの出会いから、beepnow Inc.,のブロックチェーン・人口知能におけるノウハウを多くの企業に展開することを使命と感じbeepnow systems株式会社の代表に就任する。

関根聡 / アドバイザー・理化学研究所 チームリーダー

1983年 -東京都立新宿高等学校卒業
1987年 - 東京工業大学応用物理学科を卒業
1992年 - マンチェスター工科大学 (UMIST) で修士号を取得
1998年 - ニューヨーク大学より博士号を取得
1998年 - ニューヨーク大学研究助教授に就任
2007年 - ニューヨーク大学研究准教授に就任
2010年 - 楽天技術研究所ニューヨーク所長に就任
2010年 - 楽天株式会社技術理事に就任

アメリカ在住の日本の情報科学者。ニューヨーク大学研究准教授。
1994年に、情報抽出の権威であるニューヨーク大学のグリッシュマン教授に助手として招聘されながら博士号を1998年に取得、その後、研究助教授、研究准教授に就任。専門は、情報抽出、言語的知識獲得、固有表現抽出、および言語解析、質問応答、要約など。

1998年、日本で固有表現抽出・情報検索の評価型ワークショップであるIREX (Retrieval and ExtractionExercise) を主催。 アメリカ国立科学財団 (NSF) の「オンデマンド情報抽出」プロジェクトのリーダー。日本で、言語処理に関するコンサルタント会社のランゲージ・クラフト研究所を運営している。 2010年6月から楽天技術研究所ニューヨークの所長、2011年4月から楽天技術研究所東京副所長、楽天(株)技術理事も兼任していた。2014年10月に楽天を退職。 現在は理化学研究所 言語情報アクセス技術チーム チームリーダーとして「自分の判断を説明できる人工知能の開発研究をしている。

会社概要

会社名
beepnow Systems株式会社
代表取締役
鈴木 啓太
住所
大阪市西区北堀江2-4-14 ミッドスクエア2F(本社)
東京都中央区銀座6丁目10-1(東京営業所)
事業内容
ブロックチェーンシステム開発、ブロックチェーン評価システムの提供、beepnowアセットのOEM提供
資本金
3,000万円
電話
06-6567-9420
URL
https://beepnowsys.com/
Email
hello@beepnowsys.com

お問い合わせ