幸楽苑に「beepシフト」をテスト導入

左)幸楽苑ホールディングス代表取締役社長、新井田昇氏。右)beepnowグループ代表、Alex Tsai
左)幸楽苑ホールディングス代表取締役社長、新井田昇氏。右)beepnowグループ代表、Alex Tsai

beepnowグループのbeepnow systems株式会社(本社:大阪府西区、代表取締役社長:鈴木 啓太以下「ビープナウ」)は、株式会社幸楽苑ホールディングス(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:新井田 昇 以下「幸楽苑」)に働き方改革クラウドサービス beepシフトをテスト導入します。

幸楽苑HDさんは、昨年度より従業員が働きやすい環境づくりにさらに注力し、働き方改革を推進しております。

今回導入する「beepシフト」は、アプリを通じて提出されたシフト希望をシステムが判別し、シフトの作成、欠勤の調整などを行います。これまで店長が苦戦してきたパートナーのシフト調整が、ボタン1つで解決することができるのが特徴です。
また、店舗間でのパートナー共有機能を利用することにより、エリアや時間ごとに異なる繁忙時期の必要人員数の最適化にも、より柔軟に対応することが可能となります。

これまでの業務フローや、現場ならではの状況も考慮し、導入時期を3段階に分けて計画しております。

導入時期を3段階に分けて計画
導入時期を3段階に分けて計画

「beepシフト」導入により、店長のシフト作成に係る業務軽減・労働時間削減に貢献します。

店舗を支えているパートナーや店長がストレスなく業務に従事し、店長とパートナー間のコミュニケーションエラーを解決していくことで、より働きやすい環境の実現を目指します。幸楽苑とビープナウは、幸楽苑全店舗での「beepシフト」導入に向け、引続き協力して参ります。

外食産業のこれからの働き方を導くリーディングカンパニーとなるため、幸楽苑は、今後もさまざまな挑戦をして参ります。

【幸楽苑さん配信のプレスリリースはこちら】
http://bit.ly/2JpjCug

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です